プラセンタサプリのドラッグストアにある?おすすめはこれ

プラセンタサプリをドラッグストアで!おすすめはこれ

プラセンタの原料はなに?

 

プラセンタは胎盤から抽出されるエキスとはいいますが、どのようなものか具体的にイメージできないという人もいるでしょう。プラセンタは医療にも用いられているほど高い有効性が認められているものですが、普段目に触れないものですから、胎盤という以上何も思い浮かばないという人が多くて当然です。

 

妊娠時に作られる胎盤

 

プラセンタは、医療では人由来のものも用いられるほど誰の体にも出来得る物質です。ただし男性の体に作られることはなく、妊娠していない女性にも出来ません。妊娠した女性というごく限られた人にだけ、出来るのが胎盤なのです。妊娠時に出来た胎盤は、胎児が成長して出産されたときには一緒に母体から出てきます。

 

人間ではありませんが、動物では出産時にお母さんが胎盤を食べてしまうことも少なくありません。母体は出産で弱っていますから、自然な行為として栄養をつけるために胎盤を食べる習慣があるのでしょう。

 

つまり、母体の外に出た胎盤ですら、用済みではなくまだまだ栄養があるということですね。

 

出産時に排出される胎盤

 

妊娠中には胎児と母体をつないで栄養素を運ぶチューブのような役割を果たしていた胎盤も、出産すると母体と胎児には必要なくなります。そのため、胎児が出てくるのと同時に胎盤も排出されます。胎児と母体が胎盤でつながっていたときには、胎盤は赤ちゃんの細胞をどんどん分裂させて動物や人の形に成長させる役目を持っています。

 

人でも一年足らず、動物では数ヶ月で子供が生まれてしまうのも、胎盤に含まれる成長因子が驚異的なパワーを秘めているからなのです。そのパワーは成長因子と呼ばれ、細胞を新しく分裂促進させることができるのです。

 

プラセンタサプリの選び方は?

 

プラセンタ商品が増えてきただけに、どのような商品を選べばいいか迷ってしまう人も多いでしょう。ポイントになるのは、含有量、値段、配合成分、原料などでしょうか。

 

プラセンタの原料

 

プラセンタは動物の胎盤ですから、人や馬、豚、羊などからとられたものが使われています。ただ、人や羊のプラセンタは医療で使われており、美容面で使用されているプラセンタは馬や豚からとったものが主流です。

 

ただ、何からとったプラセンタかよりも、むしろ重要なのはその品質だといいます。馬や豚がどのような環境で育ったか、これこそが品質の決め手になるようです。馬プラセンタでいえば、サラブレッドは希少で高価な馬ですから、大事に育てられています。また、出産時に一頭しか子供を生まないことから、プラセンタに含まれる栄養成分も豊富だといわれています。

 

一方、豚プラセンタなら、デンマーク産の高級豚か無菌豚と呼ばれるSPF豚がよいとされています。それぞれ高い基準の下で育てられているため、安心して利用できる原料なのです。

 

その他の要素

 

プラセンタの含有量や値段、配合成分などは、実に様々です。高い含有量を誇るもので、3粒程度で5、000mg、低いものでも3、000mg台の含有量があると思っておいて間違いないでしょう。

 

5、000mgものプラセンタが含まれていれば、かなりの効果が見込まれます。含有量と値段とのコストパフォーマンスをチェックしてみれば、自然と購入したいプラセンタが決まってくるのではないでしょうか。

 

コラーゲンやヒアルロン酸などをはじめとした配合成分については、お好みです。全く配合成分がなくても、プラセンタだけで十分な効果が得られます。自分に不足していると感じる成分があれば、選んでみてもいいかもしれませんね。

更新履歴