プラセンタサプリのドラッグストアにある?おすすめはこれ

プラセンタサプリをドラッグストアで!おすすめはこれ

プラセンタの原料はなに?

 

プラセンタは胎盤から抽出されるエキスとはいいますが、どのようなものか具体的にイメージできないという人もいるでしょう。プラセンタは医療にも用いられているほど高い有効性が認められているものですが、普段目に触れないものですから、胎盤という以上何も思い浮かばないという人が多くて当然です。

 

妊娠時に作られる胎盤
プラセンタは、医療では人由来のものも用いられるほど誰の体にも出来得る物質です。ただし男性の体に作られることはなく、妊娠していない女性にも出来ません。妊娠した女性というごく限られた人にだけ、出来るのが胎盤なのです。妊娠時に出来た胎盤は、胎児が成長して出産されたときには一緒に母体から出てきます。

 

人間ではありませんが、動物では出産時にお母さんが胎盤を食べてしまうことも少なくありません。母体は出産で弱っていますから、自然な行為として栄養をつけるために胎盤を食べる習慣があるのでしょう。つまり、母体の外に出た胎盤ですら、用済みではなくまだまだ栄養があるということですね。

 

出産時に排出される胎盤
妊娠中には胎児と母体をつないで栄養素を運ぶチューブのような役割を果たしていた胎盤も、出産すると母体と胎児には必要なくなります。そのため、胎児が出てくるのと同時に胎盤も排出されます。胎児と母体が胎盤でつながっていたときには、胎盤は赤ちゃんの細胞をどんどん分裂させて動物や人の形に成長させる役目を持っています。

 

人でも一年足らず、動物では数ヶ月で子供が生まれてしまうのも、胎盤に含まれる成長因子が驚異的なパワーを秘めているからなのです。そのパワーは成長因子と呼ばれ、細胞を新しく分裂促進させることができるのです。

 

プラセンタサプリの選び方は?

 

 

プラセンタ商品が増えてきただけに、どのような商品を選べばいいか迷ってしまう人も多いでしょう。ポイントになるのは、含有量、値段、配合成分、原料などでしょうか。

 

プラセンタの原料
プラセンタは動物の胎盤ですから、人や馬、豚、羊などからとられたものが使われています。ただ、人や羊のプラセンタは医療で使われており、美容面で使用されているプラセンタは馬や豚からとったものが主流です。

 

ただ、何からとったプラセンタかよりも、むしろ重要なのはその品質だといいます。馬や豚がどのような環境で育ったか、これこそが品質の決め手になるようです。馬プラセンタでいえば、サラブレッドは希少で高価な馬ですから、大事に育てられています。また、出産時に一頭しか子供を生まないことから、プラセンタに含まれる栄養成分も豊富だといわれています。

 

一方、豚プラセンタなら、デンマーク産の高級豚か無菌豚と呼ばれるSPF豚がよいとされています。それぞれ高い基準の下で育てられているため、安心して利用できる原料なのです。

 

その他の要素
プラセンタの含有量や値段、配合成分などは、実に様々です。高い含有量を誇るもので、3粒程度で5、000mg、低いものでも3、000mg台の含有量があると思っておいて間違いないでしょう。5、000mgものプラセンタが含まれていれば、かなりの効果が見込まれます。含有量と値段とのコストパフォーマンスをチェックしてみれば、自然と購入したいプラセンタが決まってくるのではないでしょうか。

 

コラーゲンやヒアルロン酸などをはじめとした配合成分については、お好みです。全く配合成分がなくても、プラセンタだけで十分な効果が得られます。自分に不足していると感じる成分があれば、選んでみてもいいかもしれませんね。

 

肌の潤いを保つ正しいクレンジング

 

元々の体質や気候など、肌が乾燥する原因は様々ありますが、中には洗顔の仕方が原因で乾燥を招いてしまう場合も考えられます。良かれと思ってやっていることなので、これが乾燥の原因となっていることに気が付きにくい、と考えられ、特に注目すべき原因の一つと言えるでしょう。

 

洗顔の仕方によって、潤いが逃げて乾燥肌になってしまい、更に吹き出物やシワが作られやすい状態となってしまうので、正しい洗顔方法を身に付けておきましょう。洗顔の基本としては、ぬるま湯で行うことが重要です。常日頃から洗顔を行っている人であれば誰でも知っているであろう、基本中の基本とも言えます。

 

反対に、冷水を用いると、温度の関係で毛穴が閉まってしまうので、全然汚れが落ちなくなってしまいます。一方、あまりに高温だと、これも問題になります。高温の湯を用いてしまうと、必要な分の皮脂まで流してしまうので、余計肌に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

皮脂と聞けば何か余計なものと思えてしまいますが、適度な量を保持しておくことも必要です。その為、高温の湯を用いたり、洗い過ぎることにより流れ出てしまうと乾燥に繋がってしまうのです。

 

この他、元々乾燥肌の人にお勧めする洗顔方法としては、朝に素洗いをすることです。朝の洗顔の際、洗顔料などを用いず、ぬるま湯のみで洗うことを日課にしてみましょう。また、洗顔料を使用する場合の洗い方は、まずしっかりと泡立ててから、その泡で洗うようにイメージしましょう。

 

そして、手で擦るように汚れを落とすのではなく、泡で汚れを巻き込むようにしましょう。最後のすすぎも重要で、これも念入りに、凡そ30回はするようにしましょう。この時に洗面器に張ったお湯も、何度か交換して使用するよう心掛けましょう。

 

正しい方法で洗顔が済んだ後は、潤いを目的にある程度水分を残す人もいるようですが、水分はしっかりとふき取り、その後に化粧水での保水を行う方が効果的です。元々乾燥肌であったり、乾燥した場所で生活している訳ではなく、尚且つ毎日正しいスキンケアを施しているにも関わらず、肌の潤いが足りていなかったり、状態が思わしくないと感じる人も多いようです。

 

このような場合として考えられることは、正しいと思って行っているスキンケアの方法が間違っている可能性があります。スキンケアを行っている人の大半は、誰からか正しく学んだという訳ではなく、自分のセンスに合わせて独学で実施しているのが現状です。勿論、雑誌や書籍を参考に正しいスキンケアを身に付けている人もいますが、大体は独学ではないでしょうか。

 

しかし、このように正しいスキンケアを身に付けていない人が施した処置であれば、逆に肌の潤いがどんどん失われることもあります。スキンケアに必要な化粧水や美容液、クリームを選ぶ際には慎重に吟味する人も多いようですが、一方でクレンジングには重きを置いていない人も多いようです。

 

女性であれば大抵の人が化粧をすることになりますが、その汚れをしっかりと落とせていないことが多いようです。しかし、そのような状態であれば、どんなに良い化粧水や美容液を用いてスキンケアを図ったとしても、満足な効果は得られません。

 

まずは肌に優しいクレンジングに注目することが大事です。クレンジングする為の商品は様々あり、オイルタイプ、ジェルタイプ、ミルクタイプ、クリームタイプといった、タイプだけ見ても複数存在しています。それぞれ異なる性質となっていますが、一番強力な効果があるのがオイルタイプとなり、その次にジェル、ミルク、クリームという順番になります。

 

一番強力ということは、一番お勧め出来るのがオイルタイプ、と言うとそうではなく、強力な反面肌への刺激が強い仕様となっています。化粧の度合いに合わせて使用するように心掛け、あまり強力なものを使用すると潤いが失われるので注意しましょう。

 

更新履歴